【介助・自立利用(最小介助)・Lサイズ】福岡県 N様

(60歳代・体重60kg台・頚髄損傷)足は動かず、股関節は90度以上曲がりません。車いすからベッドへは普段は前方移乗ですが、外出時に介助利用で側方移乗をしています。

前は長方形型のボードを使っていました。幅が広くて、私の車いすでは近づけにくく、何度かボード自体が自分と一緒に動いてしまうことがありました。長方形型の左右の持ち手の穴が大きくて、乗っかってひっかかっていたのかもしれません。「つばさ」の持ち手の穴は、乗らない場所にあるところが良いですね。

自分でできたことが、年をとると自分でできにくく、動きにくく感じますが、「つばさ」を使って、これなら自分でも行けるかもしれないと思いました。設置は妻がやって、一番負担のかかる移動は自分でできるようになりたいです。練習していますよ。(2020年9月14日)

このサイトについて

せき損式スライディングボード「つばさ」は、使用者さま、介助者さま等のご意見・ご感想を募集しております。

試用申し込み・お問い合わせ

使用アンケート

ご利用者様の声

検索

-

© 2020 せき損式スライディングボード「つばさ」