使用方法

①ベッドに対し25度を目安に車いすを寄せ、ブレーキをかけます。
(ベッドと車いす間の隙間は10cm以内に)

②ベッドを高さ調整し、車いすとの座面間の高さを揃えます。

③移乗先に近い側のお尻(座骨)を浮かせて、ボードを差し込みます。

 

④車いすのタイヤとシールを平行に配置します。
なるべくシールをクッション側に近づけ、橋渡し面積を増やします。

⑤ボードの移乗先側を手で押さえながら、 ボード上にお尻(座骨)を乗せ、滑らせて移動します。
(タイヤ等との干渉に注意しながらゆっくりと動いてください。 干渉やボードのズレなどが発生した場合は、あせらずに最初の位置へ。)

 

Mサイズボード 自立用としての使い方動画

 

※※ 使用上の注意 ※※

・本製品は、側方移乗に不向きな車いすでのご使用には適しません。
アームサポートやロングブレーキにお尻やボードが干渉する危険があります。
・ご使用にあたり、作業療法士、理学療法士などの専門家もしくは販売店に使用方法をよくご確認の上、正しく使用してください。
・ご使用前に本製品を軽く曲げて異常がないかご確認ください。
・ひび割れ等の異常があった場合は使用を中止してください。
・ご使用前に車いすとベッドは動かない様、確実に固定してください。
・必ず介助者が付いた状態で、安全を確保の上でご使用下さい。
・裸での使用など、皮膚へのリスクが考えられる使用はしないでください。
・移乗間の隙間は10cm以内で、最大使用者体重(製品仕様参照)を目安にご使用ください。
・ベッド上がエアマット等の場合や、ボードがたわんで保持できない場合など、支えが安定しない場合は使用を中止してください。

© 2020 せき損式スライディングボード「つばさ」